どれが好み?トライアスリートに人気のバイクメーカーをご紹介!

トライアスロンのバイクには、数えきれないほど多くのメーカー、モデルがあります。今回は、トライアスリートに人気のバイクメーカーを一部ご紹介。メーカーごとに独自の特徴を持っているので、相棒選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

乗り心地のよさと素直な性能が特徴「ARGON18(アルゴン18)」
1989年に誕生したカナダのバイクメーカー・ARGON18は、ロードバイクの世界での知名度は低いものの、トライアスロン界では昔から人気のあるメーカーです。独自の低重心フレームが最大の特徴で、これにより車体が横にブレにくくなり、高速でも車体が安定してくれます。また、コーナリング時の遠心力も軽減されるため、安定したコーナーワークが可能に。さらには、乗り心地を左右するシートチューブやシートステーと、走行性能を決めるチェーンステーとダウンチューブを別々に設計することで、高性能と乗り心地のよさを見事に両立させています。ロングライドでの負担を軽減し、速さが求められる場面での急な加速にも対応できるフレームとなっているため、幅広い方におすすめです。

品質のよさにこだわった、日本でも人気のメーカー「BASSO(バッソ)」
イタリアの中規模メーカーであるBASSOは、しっかり作り込まれたこだわりのロードバイクとして知られています。規模は小さいものの、安定した性能のバイクを提供するとあって日本でも人気です。入門向けの安価なものから、上級者向けのものまで幅広いラインナップがあり、かつ品質もしっかりとしているためこちらも乗る人を選ばないバイクメーカーといえるでしょう。ただ、レース向けにつくられているバイクということもあり、トライアスロン以外のロングライドや普段使いとしては、少し乗り心地に硬さを感じるかもしれません。

敷居は高いが性能の良さはハイレベル「Cervelo(サーベロ)」
カナダのトロントに本社を置く、ロードバイク、トライアスロン用バイクのメーカーです。Cerveloの特徴は、全体的に高価格帯のモデルを提供しているということ。そのため、初心者にはちょっと手が出しにくいかもしれません。その分性能は突出しています。どのモデルにも共通する高い剛性、すぐれた安定性、勝負を分ける反応の良さで、他を圧倒することができるでしょう。Cerveloのフレームは、どのモデルもスピード重視でつくられており、乗り心地を重視する場合はどうしても硬さを感じると思います。

今回ご紹介したバイクメーカーは、ほんの一部ですが、機会があれば他のメーカーもご紹介してみたいと思います。トライアスロンのバイクを選ぶ際は、実際に専門店へ足を運んで、いろいろ試しながら自分に合ったバイクを見つけてみてくださいね。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です