アイアンマンって何?「世界一過酷」って本当?

トライアスロンに興味を持った人なら、「アイアンマン」あるいは「アイアンマンレース」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。アイアンマンは、「世界一過酷な競技」ともいわれている競技です。

アイアンマンの総距離は、なんと226km!
アイアンマンは、トライアスロンのことと思われがちですが、実はちょっと違います。その違いは、なんといっても競技距離の長さ。
トライアスロンで一般的なオリンピックディスタンスは、スイム1.5km、バイク40km、ランが10km(総距離51.5km)であるのに対し、アイアンマンレースではスイム3.8km、バイク180km、ラン42.195km(総距離226km!)の長さを戦わなければなりません。長い距離を泳ぎ、バイクで走って疲弊した体で、フルマラソンと同じ距離を走らなければならないのです。
こう聞くと、トライアスロンさえ未経験の人は「絶対に無理」と思われるかもしれませんね。ところが、アイアンマンは多くのトライアスリートに「死ぬまでに一度はチャレンジしてみたい」と言わしめるほどの魅力がある、憧れの競技なのです。

アイアンマンの魅力って?
アイアンマンは、ハワイのオアフ島が起源。1978年、数人のアメリカ軍人によって行われた、思いつきによる競争からはじまりました。徐々に競技人口が増え、今では世界各国で大会が開催されています。
アイアンマンの精神は、「完走者の誰もが勝者である」です。選手はタイムを競うのではなく、スイム、バイク、ランのそれぞれで決められたタイムリミット内でのフィニッシュをめざすのです。そのため、選手同士が鼓舞しあって完走をめざす光景もめずらしくありません。本当に厳しい最後のランでは、エイドステーションのボランティアや沿道の応援が励みになり、ゴールへと背中を押されます。また、ゆうに10時間を超える長い長いレースですので、体力の限界を超えた後は精神との戦いになります。くじけそうになる自分に最後まで打ち勝ち、無事に完走できたときの達成感たるや、これまでに経験したことのないほど大きなものに違いありません。

トライアスロンはもちろん過酷な競技ですが、アイアンマンはそれを大きく上回る未知の世界といっても過言ではないでしょう。それだけに、完走できたときの感動ははかり知れません。多くのトライアスリートの憧れ、アイアンマンに、あなたもいつかチャレンジしてみませんか?

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です