ウエットスーツ・ウエアについて

もしかすると、トライアスロンに不安を抱える人の中にはスイムに自信がない人が多いかもしれません。そんな人こそ、頼りになるスイム・アイテム選びは大切。

スイムウエアは、水温が不安定な海や湖の中でも快適に、そして安全に泳ぐために重要なアイテムなのです。今はウエットスーツも既製品なら2万円台から買えるようになり、レンタルもできるので、価格面でのハードルは下がってきています。

ウエア以外にも、ゴーグルやスイムキャップ、時計なども準備しておくといいでしょう。

 

はじめの一着目はこれ!ウエットスーツ・ウエアの選び方

水温や波など、自然環境に左右されやすい海や湖でのレースには、自分の身を守ってくれて、なおかつ快適に泳げるスイムウエアが欠かせません。とはいえ、どんなウエアを選べばいいのか迷ってしまう方も少なくないでしょう。ビギナーの方が、まず買っておきたいウエットスーツ・スイムウエアの選び方をご紹介します。

 

国内大会ではウエットスーツの着用が必須。

国内のトライアスロン大会の半数以上では、ウエットスーツの着用が義務付けられています。義務付けられていない大会でも、ウエットスーツの着用は推奨されています。トライアスロン用のウエットスーツは、何もしていない状態でもぷかぷかと体が浮かぶほどの浮力があります。泳ぎに不安のある人ほど、ウエットスーツは着用したほうが安心で安全。また、多くの大会が海や湖などのオープンウォーターで行われるため、水温が低いところや波のあるところ、他の選手との接触の可能性もあります。防寒・保温・耐久性にすぐれたウエットスーツは、トライアスロンの必須アイテムといってもいいでしょう。

 

初心者におすすめのウエットスーツって?

ウエットスーツは大きく分けて2種類あります。このうち、初心者におすすめなのは、着脱しやすく泳ぎやすいロングジョンです。
・フルスーツ
手首と足首まで覆うタイプのウエットスーツ。水温の低いレースでも対応可能だが、反対に水温の高い(25℃以上)レースだと暑く感じる場合がある。ロングジョンより浮力が大きく、やや速く泳げる。
・ロングジョン
肩周り〜腕の覆いがないノースリーブタイプで、着脱もしやすく初心者におすすめ。泳ぐときに腕周りのストレスがないのがメリット。水温が高い(25℃以上)レースは快適に泳げるが、反対に水温の低い(20℃以下)のレースには向かない。

 

スピード重視で、夏の大会でもフルスーツを着る人もいれば、泳ぎの快適性を優先して水温の低い季節でもロングジョンを着る人もいます。でもそのほとんどが経験者や泳ぎに自信のある人です。最初の一着で、しかもデビュー戦が夏の大会ということなら、まずはロングジョンを選んで間違いはないでしょう。

 

「トライウエア」なら3種目着用しっぱなしでOK。

ウエットスーツの中に着るウエアとしておすすめなのが、トライアスロン用につくられた「トライウエア」です。
トライアスロンでは、あらかじめバイクとランのためのウエアをウエットスーツの中に着込んでおき、トランジションでウエットスーツを脱いでから次の種目に移る…というスタイルが基本です。トライウエアは水着のような素材でできており、バイク用のパッドをお尻部分に備えています。ランにも対応できるよう、走る動きを妨げないつくりになっているのも特徴です。スイム、バイク、ランの3種目続けて着用できるので、「トランジションで1秒も無駄にしたくない!」「はじめてのトランジションは不安」という人にはおすすめ。
トライウエアにはワンピースタイプとセパレートタイプがあり、前者は締め付け感がなく、各種目をスピーディーにこなすにはもってこい。後者は練習やマラソン大会で着用する人も多い応用型となっています。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です