トライアスロンについて、もうちょっと知ってみよう。

「もしかしたら、自分にもできるかもしれない!」と思いはじめたあなた。一歩踏み出す前に、トライアスロンについてもう少し深く知っておくと、よりレースを楽しめるかもしれません。

「公益社団法人 日本トライアスロン連合 オフィシャルサイト」によると、トライアスロンが生まれたのは1974年。アメリカのカリフォルニア州サンディエゴの地でした。3種目を連続して行うことから、ラテン語で3を意味する「トライ」と、競技・運動を意味する「アスロン」を組み合わせて「トライアスロン」と名付けられたそうです。

トライアスロン誕生のきっかけとなった世界初のレースは、サンディエゴ・トラッククラブのメンバーが行なった、ラン4.5km、バイク8km、スイム0.4km、ラン3.2km、スイム0.4kmの“トライアスロン大会”でした。

2度目のレースは、それから4年後の1978年。ハワイで、わずか15人の参加者によるトライアスロンが行われました。このときのレース距離が、スイム 3.8km・バイク180km・ラン42.195kmで、制限時間は17時間。これがのちにアイアンマン世界選手権へと発展し、今でもハワイの本戦出場をかけ、世界各地で予選大会が行われています。

日本ではじめてトライアスロンが開催されたのは1981年、鳥取県の皆生温泉でした。以降、1985年には沖縄県宮古島、滋賀県びわ湖で長距離レース、熊本県天草では51.5km(オリンピックディスタンス)と立て続けに開催され、同年は一躍トライアスロンイヤーとなったのです。そして現在では、大小合わせて年に150以上ものトライアスロン大会が開催されるほど人気の競技となりました。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です