トライアスロンのスイムに向けてのトレーニング方法は?

トライアスロンの3種目の中でも、特に苦手に思う人が多い種目がスイムではないでしょうか。しかも、ほとんどの大会では短くても1500m以上を泳ぎきらなくてはなりません。だからこそ、不安を払拭する意味でも練習はしっかりしておきたいですよね。今回は、トライアスロン初心者でもできるスイムの練習方法をご紹介します。

目標の距離をクロールで泳ぎ切れるようになろう
大人になってから随分長いこと泳いでいない…。そんな人は、まず水に慣れるところからはじめてみてください。歩いたり浮いたり潜ってみたりなど、水の感触や抵抗を体に慣れさせていきましょう。
次に、スムーズな息継ぎができるようになること。長距離を泳ぎますので、息継ぎはとても大事です。これをマスターできれば、「まずは50m」「今日は200m」のように、自分なりに目標距離を決め、無理のないペースで泳いでみましょう。スローペースでも、徐々に距離を伸ばしながら1500m泳げるようになったら、今度はスピードを意識してみるといいでしょう。
また、トライアスロンでは特に泳法が定められていない大会のほうが多いですが、ほとんどの人はクロールで泳ぎます。トレーニングはできるだけクロールで行うようにしましょう。

疲れてきたら、「大きく泳ぐ」を意識する
当然、長く泳げば泳ぐほど、息はあがり手足は疲れてきます。そんなときは、「大きく泳ぐ」ということを意識してみてください。大きなフォームを心がけ、ゆったりとしたストロークで泳ぎましょう。フォームが小さくなるとスピードも出ません。むしろ長距離を泳ぐときは、前へ前へと進んでくれる「大きくゆったりとした泳ぎ」のほうが適しているんです。
また、トライアスロンの最初の種目であるスイムでは、次のバイクとランのために脚力を温存することも意識したいところ。泳ぐときは、気持ちキックを控えめに、腕の力を使って泳ぐことを意識して練習してみてください。

前方確認をしながら泳ぐヘッドアップクロールって?
プールで練習しているときは、コースロープもあるし、プールの底にはラインも引いてあるので、自分が今まっすぐ泳げているかがわかります。でも、実際の大会はオープンウォーターで行われ、コースロープもなく、まわりには人がたくさん泳いでいます。実際に選手と選手の接触が多いのもスイムの特徴です。
練習では、周囲の状況を確認しながら泳ぐ「ヘッドアップクロール」も取り入れてみてください。ヘッドアップクロールとは、プッシュ(腕のかき)のときに頭を前向きに上げる泳ぎのことです。トライアスロンのスイムでは、多くの人がこの泳法を取り入れています。やり方は、まずプッシュの力を利用して顔を前に上げ、次のプッシュで顔を横に向けて息継ぎをします。左プッシュで顔を上げたら、顔をつけずに次の右プッシュですばやく息継ぎする、といったイメージです。これなら、周囲の状況や進行方向を確認しながら安全に泳ぐことができます。ただし初心者の場合、顔を上げた流れでそのまま息継ぎすると、空気と水を一緒に吸い込んでしまう可能性があり、危険です。慣れるまでは、顔を上げて前を確認したら、いったん顔を水に戻し、次のプッシュで落ち着いて息継ぎをするようにしましょう。

海の場合は波もあり、バランスをくずしやすいため練習通りの実力が発揮しきれないことも多々あります。そういったことを想定しながら、しっかりと練習を重ね、本番に挑んでくださいね。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です