トライアスロンの距離について

トライアスロンの距離について
スイム(水泳)、バイク(自転車)、ラン(走る)の3種目を連続して競う競技・トライアスロン。一昔前に比べて競技人口は増え、知名度も人気も高まってきています。トライアスロンとひと口に言っても、その距離や種類はさまざま。練習計画や向き不向きもそれによって変わってきます。ここでは、距離別にトライアスロンの特徴をご紹介しましょう。

オリンピックディスタンス(ショートディスタンス)
オリンピックディスタンスは、トライアスロンの中でももっとも一般的で、大会の数も多い距離です。スイム1.5km、バイク40km、ラン10kmで構成されていて、オリンピックでトライアスロンを行う際の距離であることから、こう名づけられています。トライアスリートの間では「ショート」と呼ばれることがほとんどです。大会要項などには、「スタンダードディスタンス」なんて書かれ方をされることもあります。デビュー戦としても挑戦しやすく、比較的完走率の高い距離といえるでしょう。だいたいの競技時間は、2時間〜4時間ほどになります。

ミドルディスタンス
その名のとおり、中間くらいの距離のトライアスロンで、「ミドル」と呼ばれています。国際トライアスロン連合(ITU)の定めた規格によると、スイム2.5km、バイク80km、ラン20kmとなっており、オリンピックディスタンスの約2倍の距離を競うことになります。ただ、ミドルディスタンスは大会によって距離がまちまちで、だいたい上記程度の距離と思っておくといいと思います。

ロングディスタンス
スイム4km、バイク120km、ラン30kmのロングディスタンスは、オリンピックディスタンスの約3倍の距離。競技時間も長く、朝にスタートしてもゴールが夜になるほどです。十分に練習と準備をしておかないと、スイムで溺れてしまったり、怪我につながるようなアクシデントが起こってもおかしくありません。短い距離のレースで十分な経験を積んでから挑戦しましょう。もちろん、これだけの長い距離・時間を泳いで走るだけの醍醐味はひとしお。完走できたときの達成感も別格です。

アイアンマンディスタンス
世界一過酷といわれながら、多くのトライアスリートから「一生のうち一度は」と憧れを集めるのが、アイアンマンです。スイム3.8km、バイク180kmを終えた後は、まるまるフルマラソンの距離である42.195kmが待っています。アイアンマンレースでは、制限時間の17時間以内に完走できれば憧れの「アイアンマン(=鉄人)」の称号が与えられます。日本ではかつて長崎県の五島で、現在では北海道の洞爺湖でのみアイアンマンレースが行われていますが、「アイアンマン世界選手権大会」はトライアスロンの聖地であるハワイ(コナ)で行われているのみです。ちなみに、このハワイでの本戦への出場権は、全世界で行われる予選会で上位に入賞することで得ることができます。

このほかにも、もっとも短い距離であるスーパースプリントやスプリントディスタンス、アイアンマンの半分の距離であるアイアンマン70.3など、ビギナーが挑戦しやすいレースもあります。ご自身の体力やトレーニングの程度を考慮して、無理のない距離にトライしてみましょう!

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です