バイク(自転車)について

トライアスロンに参加するにあたり、アイテムをそろえるのも楽しみのひとつです。中でも、バイクパートで使う自転車はもっとも大きな買い物。

二の足を踏んでしまいがちですが、トライアスロンに使うロードバイク(TTバイク)は、一台あればレースだけでなく通勤・通学、ツーリングなど普段使いもできるので、思い切って買っても損はありません。さらに、ヘルメットや空気入れ、シューズ、アイウエアなど、バイク周辺のアイテムも忘れずに購入しましょう。

トライアスロン用の自転車その他のアイテムは、自分の体型やレベルに合っているかどうかはもちろん、価格も含めてじっくり吟味したいものです。

 

初心者はどんなバイクを選べばいいの?

決して値段の安くないものだからこそ、最初のバイク選びは特に失敗したくないですよね。実際にショップに行く前に、初心者のためのバイク選びのポイントを押さえておきましょう。

 

おすすめは、初心者でも扱いやすいロードバイク。

トライアスロン用のバイクは、ロードバイクとTTバイク(タイムトライアルバイク)の2種類があります。

・ロードバイク

ドロップハンドルを握って操作するため、スタート〜コーナリング〜ストップといった各場面ごとに取り回しやすく、そこそこスピードも出るバイク。テクニックが必要なコースでも比較的走りやすいタイプ。

 

・TTバイク

スピード重視ならこちら。エアロバーを持つことで状態が低くなり、空気抵抗を最小限に減らして速く走ることができる。コーナーの少ない長距離コースにおすすめだが、やや操作が難しいためある程度の経験が必要。

 

最初の一台目なら、扱いやすくスピードも出るロードバイクがおすすめです。国内で行われる51.5km(オリンピックディスタンス)はテクニックを要するコースも多く、練習でも本番でも自信を持って乗りこなせるバイクを選ぶことが大事。

はじめてだからこそ、安全で快適に、ストレスなくレースを楽しむことが大切です。

 

はじめてのトライアスロンバイク。価格の目安は?

トライアスロン用のバイクの価格は、5万円〜100万円以上と実にピンキリです。仮にロードバイクとTTバイクを比較してみると、前者がだいたい15万円〜、後者で30万円〜といったところでしょう。

最初から50万、60万もするバイクを買う必要はありませんが、できれば性能がしっかりしていて、軽いモデルを選びたいもの。一台目であれば、ロードバイクの10万円〜25万円くらいのモデルがちょうどいいでしょう。

トライアスロンバイクはいろいろなメーカーから出ていますが、それぞれにエントリー向けのバイクをそろえているので、ショップであれこれ相談してみるのも手。予算にぴったりのバイクをみつくろってくれますよ。

 

自分の体格と体力に合ったバイクを選ぶこと。

バイクパートは、道具の良し悪しでパフォーマンスが決まるといっても過言ではありません。トライアスロンはスポーツです。だから値段だけでなく、自身の体型に合ったサイズのフレームを選ぶことが重要。大きすぎたり、逆に小さすぎるバイクを選んでしまうと、せっかく性能のいいバイクを買っても十分な力が発揮できません。

トライアスロンやバイクの専門店では、身長・股下・腕の長さ・肩幅・体格などを考慮して、フレームやハンドルステムの長さ、ハンドル幅、クランクの長さ、ギヤ比を細かく決めていきます。また、フィッティングマシンを使ったハンドル位置やサドル位置などの各部調整もサポートしてくれるため、自分にぴったりのバイクに仕立てることが可能です。

何はともあれ、まずは専門店でプロに相談しよう。

なんだかんだいっても、ショップで実際にバイクを見て、自分の気に入ったものを選ぶのもモチベーションの上で大切なこと。

デザインやカラーに「ビビッ!」ときたら、迷わず店員さんに声をかけてみましょう。あとは、「とにかく軽いのがいい」「坂道に強いのがいい」「長距離向きがいい」、はたまた「かっこいいのがいい!」「価格を抑えたい…」などなど、自分の要望を伝えて、相談しながら自分に合ったサイズ・性能のバイクになるようカスタムしていけばいいのです。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です