石垣島のトライアスロン情報

2013年に新石垣空港(愛称:南ぬ島 石垣空港)が開港し、ひと昔前と比べてかなりアクセスしやすくなった沖縄県の石垣島。南国ならではの温暖な気候に、サンゴ礁と熱帯魚の住処となっている美しい海が魅力です。一年を通して観光客が訪れ、ダイビングやシュノーケリングなどのアクティビティを楽しんでいます。そんな魅力的な石垣島で行われるトライアスロンは、もちろん人気。島いっぱいの自然と沖縄らしい温かい風を、石垣島のトライアスロンで体感してみませんか?

石垣島トライアスロン
S:1500m B:40km R:10km
「石垣島トライアスロン」は、もっともポピュラーな51.5kmのオリンピックディスタンスで行われます。スイムは新スポットとして知られる南ぬ浜町の人工ビーチからスタート。美しい海を楽しみながら泳いだあとは、沖縄で一番高い山・於茂登岳の麓から、国立公園・西表島を望む名蔵湾をバイクで駆け抜けます。最後は石垣島らしい漁港と市街地を走ってフィニッシュ!石垣島の雄大な自然と地元の人々の温かい声援がトライアスリートたちの励みになる、そんなトライアスロン大会です。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です