自分の体格と体力に合ったバイクを選ぶこと。

バイクパートは、道具の良し悪しでパフォーマンスが決まるといっても過言ではありません。トライアスロンはスポーツです。だから値段だけでなく、自身の体型に合ったサイズのフレームを選ぶことが重要。大きすぎたり、逆に小さすぎるバイクを選んでしまうと、せっかく性能のいいバイクを買っても十分な力が発揮できません。

トライアスロンやバイクの専門店では、身長・股下・腕の長さ・肩幅・体格などを考慮して、フレームやハンドルステムの長さ、ハンドル幅、クランクの長さ、ギヤ比を細かく決めていきます。また、フィッティングマシンを使ったハンドル位置やサドル位置などの各部調整もサポートしてくれるため、自分にぴったりのバイクに仕立てることが可能です。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です